PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > ダイワグレマスターズ東四国大会Ⅰ・Ⅱ in伊島

ブログ
Blog

ダイワグレマスターズ東四国大会Ⅰ・Ⅱ in伊島

11月29日、【ダイワグレマスターズ東四国大会Ⅰ】が阿南市伊島で行われた。当日は前日の雨で波が高く強風が吹き中止の可能性もあったが、次第と良くなる予報で行う事になり前浦久芳さんと午前3時30分に出掛けた。やはり港の中でも風が強く風の当たらない磯を祈っていたが、真横から吹き付ける桶磯に的崎さんと上がる事になった。

 

今年は伊島に何度も通うが、桶磯ではイサギやアイゴ主体でグレは余り良くなく、そろそろ今日ぐらいから釣れる事を願った。的崎さんは何度か裏側で良い釣りをしており、私は沖向きの釣り座を構えた。北風は右から強く上げ潮も右に動き二枚潮である。強風や雨天時は迷わずインターライン竿が良くメガドライ1,5号、ウキはタナプロセット3B、ハリスは1.25号、ハリは4号でスタートする。

 

早々にアタリがあり、グレかと思ったが良型のカワハギ、2匹目は24センチのグレでリリースをする。次は25センチオーバーでキーパーバッカンに活かして置き、今度はアイゴだった。徳島のアイゴは刺身や煮付け、干物で食べると美味しく海水を入れたクーラーに必ず入れる。

 

少し沖を深く狙うと一気にタナプロを消し込むのは30センチオーバーのイサキが連発する。これでは駄目だと磯際を浅くすると待望の27センチのグレが釣れた。午前10時の釣り座交代だったが、的崎さんもグレは釣れたらしく場所交代なしで後半戦を迎える。しばらくして潮は下げ潮になり左に流れ出すと、3ヒロでサシエが取られだした。タナを2ヒロにしてからグレの食いが上向き、27センチ~29㌢が3連発でヒットし5匹をゲット出来た。

 

数が揃えた事でタナを深くしてマキエの外を探り良型狙うが、喰って来るのは同型ばかりである。さらに深くしてアタリがあったのは32センチのグレ、もっと大物をと期待したが納竿時間がきてしまった。25センチ以上は12匹確保していたが、計量出来るのは5匹のみである。

 

同船では唐人東で30センチ級を丁度5匹揃えていた前浦さんがトップで私は次点となる。2番エリアでは極端にグレの食いが渋く、規定サイズギリギリが1匹で抜けていた。西長オチは別格の磯で前日の大会でも40センチ級のグレはコンスタントに釣れて居り、この磯に当たった小谷さんが見事優勝された。

 

マスターズⅠの表彰式の様と、私の釣果

 

11月30日、【ダイワグレマスターズ伊島Ⅱ】が開催された。前日の大風とは異なり風や波も穏やかで絶好の釣り日和となった。優勝は西長バエで北側に向いて狙った堀田禎一さん(徳島つろう会・八釣会)が45センチの大型グレを頭に5匹を選び、3476グラムでダントツの1位である。2位か俵磯で前半に7匹掛けた山元隆史さん(八釣会)が2986グラム。3位は大笠佳宏さんで2890グラム・4位は福田将生さん1502グラム。上位4名はブロック大会に出場されることとなった。

 

ブログ一覧へ