PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 第10回オーナーカップ金賞杯!!

ブログ
Blog

第10回オーナーカップ金賞杯!!

12月8日、阿南市椿泊の勝丸渡船さんで伊島へ磯釣りに出掛けた。前日からの強風が吹き付けるなか、午前4時に出港する。伊島の長バエは波が被って居り、何とか釣りになるオンビキ先は先着が多く居て唐人東まで上がる磯は無かった。

竹内さん 第一号

 

この磯も左からの強風で道糸が風で引っ張られ釣りづらく、海面に沈めてやろうとフロロカーボン1,5号を8メートル長くして、1ヒロ程ハリス1,25号を結び身軽グレ4号で狙う。Sタイプの0ウキでは馴染みが悪く,すぐにタナプロ2Bセットにチェンジすると釣れそうな感じだがアタリない。竹内さんも同じタナプロに変えてガン玉を追加してウキを沈めた時に、35センチの待望のグレが釣れた。

 

私も仕掛けを重くして数投目に待望の引きが竿を大きく曲げ、慎重にやり取りして取り込んだのは38センチのグレだった。3ヒロ~4ヒロで探りサシエが取られる時はマキエの沖を狙い、サシエが残ると磯際を攻めるとグレ、イサギ、アイゴが追加出来た。10時に潮に釣り座を交代してからもマキエと同調したり、離して狙い25センチ級はリリースして27センチオーバーは4匹釣れる。

 

昼からは食いが落ちハリスザイト1号にしてもこのクラスのグレなら獲れると判断し、まず食わす事を優先した。すると豪快な衝撃が竿をリールシートの上から曲げ、サオの角度に注意しながら格闘の末に無事タモに入ったのは、なんと48センチのイシダイだった。これから水温が低下するとイシダイのアタリも多くあり、今回は細糸で運よく獲れたものの次回からは2号以上で底物を狙うのも楽しみである。

 

私の一匹目のグレ 38センチ

本日の私の釣果

 

大会当日は、強風でとても寒い一日となりました。

釣り場によっては、風裏で比較的に釣り易かったところもあったようだ。

沖のナガハエ
この周辺の磯は風裏だった。

 

 

私が聞いた範囲では早朝にバタバタと食い、午後からの上げ潮でも連発で釣れたらしい。その他は単発で1匹グレが釣れればラッキーで、非常に厳しい大会となったが、グレ以外にイサギ、アイゴ、カワハギなど美味しい魚も釣れていたので、水温が安定すればグレも好転が期待できるだろう。

 

 

 

 

成績表

グレ25センチ以上3匹の重量で審査して20数名の方が計量された。

優勝

水主圭三 様(徳島市北島町)33~34センチ 3匹(オンビキ)

準優勝

西内優智 様(高知市)   26~32センチ 3匹(唐人東高)

3位

前浦良二 様(徳島市方の上町)27センチ    3匹(水島胴)

 

上位入賞の皆様、おめでとうございます!!

厳しい状況の中を大変お疲れ様でした。

ブログ一覧へ