PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 八釣会・中泊グレ釣り大会!!

ブログ
Blog

八釣会・中泊グレ釣り大会!!

12月19日、グローブライド社のテストで愛媛県宇和島市のホテルで宿泊した。翌日に宇和島市蒋渕の影山渡船さんへ午前5時前に行くと、数人の釣り人が居られた。天気予報通り波や風は穏やかだったが、時間帯により少し雨日和になった。

 

黒島の磯に3名で上がり薄明りのなか釣りを開始すると、いきなり大きなアタリがあり根ズレで切られる。周囲が明るくなり底の状態を見ると、足元から5メートルほど張り出しており、釣り座を右に移動する。磯際では毎回エサ取りにサシエを取られ、竿2本より沖を狙ったら一発で35センチのグレがヒットする。

 

それからはさらに沖狙いに切り替えると、40センチオーバーも交じりだす。少し風で道糸が弧を描きだすとアタリが遠くなり、タナプロ遠投Bセットに交換したのが大正解である。45センチ、さらに本日最大の引きがきた。相当に手強かったが、慎重に駆け引きを繰り返して無事タモに入ったのはジャスト50センチのグレだった。

 

久しぶりの大物に感動しながら狙っていると、手元で鋭く抵抗する引き方は尾長グレかも知れないと直感する。ハリス1,5号だったので飲み込まれてしまうと簡単にハリスが切れる。無理は出来ないと判断して引きを楽しみながらゲットしたのは、44センチの尾長グレである。綺麗な魚体は釣った直後ならでのもので、釣り人にしか見られない特権だろう。

 

次の引きで穂先を一気に締め込んだ奴はグレでもアイゴでもなく、浮いて来たのは40センチ級の立派なイサギだった。スタッフも同様に次から次に良型を掛けており、これ以上はない素晴らしいテストができたことを、磯と魚と船頭さんに感謝して同ホテルに戻った。その後、地元の板東純也さんと合流をする。

 

翌日は、よしだ屋渡船さんで日振島に4名で出掛けた。4名が釣れる磯はそう多くはなかったが、19番が空いていたので上がった。この日は7時前が満潮でそれからは下げ潮になり、左に流れるだろうと予想したが、この日は何度も右に左に動き一定しなかった。船頭さんに聞くと19番は島の蔭になり一定しない流れが良くあるらしい。

 

30センチ未満のグレがワンサと居たが、潮が動き出すと潮下の方で40センチ級も交じり、この日も有意義なテストが出来た。同船では50センチ近い大物も釣って居り、日振島も今シーズンは期待が膨らみ楽しみにしている。

 

菰渕での釣果・ジャスト50㌢

 

12月22日は愛媛県中泊の大下民宿で八釣会懇親会が行われ、23日は八釣会グレ釣り大会に83名が参加され、5隻に分かれて釣り場に向かった。私は鹿島の松島近くの磯に前浦良二さんと上がり、左側の釣り座ですぐに38センチのグレを掛け、前浦さんも続いて2匹連発で入れ食いを期待したが、その後は潮の複雑でグレは釣れず、ヒブダイや訳の分からない大物に10回も切られてお手上げだった。大会の様子は八釣会ブログでご覧ください。

 

前浦良二さん・グレ3匹を掛けた

 

竹内さん・50㌢の大物を頭に3匹を掛けた

 

成績表

ブログ一覧へ