PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > 八釣会ブログ一覧 > 八釣会グレ釣り大会in和歌山県串本町出雲!!

八釣会ブログ
Haccho-Kai Blog

八釣会グレ釣り大会in和歌山県串本町出雲!!

平成31年1月13日、和歌山県串本町出雲で【八釣会グレ釣り大会in出雲】を行い、前日の午後から佐野順二さんと出掛けた。途中で地元の谷垣さん、廣尾さんと合流して小川渡船さん(0735-62-0743)へ行って船頭さんに情報を聞くと、良い人は2ケタを釣り上げており絶好調のようで楽しみな釣りになりそうだ。

 

午前5時に受付を済ませた参加者は25名、クジを引き順番に2名ずつがペアになる。私と一緒の磯に上がりたいと連絡を貰っていた材井君(高校生)と奥野さんの3名でアシカ磯に上がる。先端に2人の釣り座を構えて貰い、私は船着きで竿を出す。何と1投から奥野さんがグレを掛け、材井君も気合いが入るがサシエも取られないようだ。

 

材井君・遠くへ流して良型グレをゲット!

私の釣り座は当て潮で仕掛けの馴染みが悪く、左の狭い水道に流れて釣りづらい。先端の右に移動をしてみたが沈み根が張り出して居り、魚を掛けても取り込みが厳しく元の場所に戻る。材井君の様子を伺いながらサングラスを拭いてとメガネ拭きを渡した直後、竿が曲がり30センチ弱のグレ釣れた。

 

先端側は潮が右に速く動き釣りづらいようだが、沖にカモメが群がりエサを食べているので遠投して狙うとガツ~ンと竿を締め込まれた瞬間にハリスが切れた。どうやらポイントは遠く私の釣り座から流すとアタリは数回あるが根で切られて釣りにならない。材井君にもっと仕掛けを流すようにアドバイスすると、連発で35センチ前後の良く肥えたグレを取り込んだ。

 

潮が前に流れ出してから、遠投ウキのG5に変えて遠くまで流すとアタリがあり、38センチのグレが釣れた。ウキ下3ヒロ半でポイントは遠くまで流すようにと2人に説明して狙って貰いながら、私もボチボチアタリがあり4匹を追加して6匹釣れていたが、主催者なので計量はしなかった。

 

 

私の釣果

 

優勝は仲村さんで11匹とダントツの釣果だが、計量はグレ8匹までで競い7,040グラム。2位は武田一平さん7匹で4、870グラム。3位に材井君が5匹で3,160グラムだった。計量された方のタナは、2ヒロ~竿1本半でグレが釣れていたようだ。グレ以外にイサギややブダイも釣れて居り、また大物のバラシもあり出雲の磯釣りは、魚影も濃く期待通り面白かった。小川渡船さんには大変お世話になり有難うございました。

 

 

成績表

 

 

参加して下さった皆様・お疲れ様でした!

 

 

遠投狙いで遠くでも良く見えアタリがとれた

八釣会ブログ一覧へ