PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 八釣会グレ釣り大会in牟岐大島!!

ブログ
Blog

八釣会グレ釣り大会in牟岐大島!!

31年1月16日、徳島県牟岐町で【八釣会・牟岐大島グレ釣り大会!!】を全国大会の予選を兼ねて行った。平日にも関らず77名の会員が集まってくれた。渡船6隻に13名~12名が分かれて午前6時15分ごろ出船し大島港で磯割の抽選を行う。今年は絶好調で、良く肥えたグレが全島の各磯で良く釣れていた。寒グレのシーズンは脂がのりとても甘く最高に美味しい。

 

ところが、前日の午後から13度台の低水温が裏廻りから佐本廻りに掛けて入り、極端に食いは悪くなって来た。当日も大島港までの中間過ぎまで13度台と不安だったが、15度、17度と水温の潮目があり1番~8番までは17度後半の水温を保っていた。

 

私は8番のクジヒッッキとヤカタ磯が当たり、参加者は“ヤッター!”と大喜びである。同じ磯でも釣り座によって甲乙があり、今回は、午前10時半で釣り座を交代するようにして皆にチャンスがあるようなルールで戦った。ヒッッキに6名、ヤカタに私を含め7名が上がり釣り座を順番に決めて行くと、私は13番で高場だった。

 

 

超一級磯のヒッツキでは6人で70匹以上のグレが釣れていた

 

西風が強く吹き付け5,3メートルの竿では海面まで届かず、2人隣にまで道糸がフケて邪魔になり、仕掛けを重くしても厳しかった。裏側も足場は高く向かい風で道糸は磯に掛かり、全く仕掛けが入らず釣りにならない。竿をインターライン5,7メートルに変えると高場で何とか釣りになるが、強風で寒く我慢が出来ず小休止し交代時間まで待っていたが誰もグレは釣れなかった。

 

 

9番廻りのジョウギ磯も良く釣れるが当日は水温の低下で釣り人はいなかった

 

私と交代した人も釣りにならない為に、少し狭いが同じ釣り座で釣って貰い沖に遠投した1投目から33センチのグレが釣れる。遠投してウキ下3ヒロ強で釣れたと仕掛けを見せてから2投目、3投目と3連発でグレを取り込んだ。Tさんも糸がバラバラと出て行くアタリが数回あったが、合わせ切れらしく遠投での釣り方をアドバイスさせて貰う。ジアイの時間帯は10分程あり3名が交互に竿を曲げてグレを釣る。しかしその後はサシエも取られずタナを深くしてイサギを2匹釣った人もいた。

 

 

佐光さん・全体で3位の成績だった

ヒッッキは竿を頻繁に曲げてタモ入れが多かった。釣り座を交代してからは釣れて無かった方も、高場や低に入ると入れ食いになり5名の方が10匹~15匹も釣っていた。ヤカタ前は水温14,9度~15,3度だがヒッッキ前は17,6度と水温が保たれて食いが良かったようだ。

午後2時30分に終了して港に戻ると、数は余り釣れてないものの計量する方が52名居られた。6隻で8匹までの重量で審査したが、ヒッッキ磯が重量では1位から5位までとダントツに釣れていたが、渡船での横取り方式で表彰する。

 

 

成績表

 

 

私の釣果

いつもの事ながら、お世話になった船頭さん、役員の皆さん、協賛頂きました、(有)たかはし釣り用品様、お酒を頂いた樋口様、野菜を沢山持って頂いた的崎さんなど大会を盛り上げて頂きまして誠に有難う御座いました。

次回は1月27日、同所で渡船8隻、100名余りで行いますので宜しくお願い致します。

 

 

 

ブログ一覧へ