PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > 八釣会ブログ一覧 > 八釣会・牟岐大島グレ釣り大会!!

八釣会ブログ
Haccho-Kai Blog

八釣会・牟岐大島グレ釣り大会!!

1月27日、徳島県牟岐大島。宍喰で【八釣会グレ釣り大会!!】を行った。県内外より会員の方が109名もの多くの方が参加されたため急遽、宍喰の浜部渡船さんにもお願いして開催した。前日は日本列島が寒波に見舞われ、南国徳島でも初雪が降り北西が強く大島磯も早めの撤収となって心配したものの、風も波も収まり全島で行う事が出来た。

 

朝5時より受付開始

今回も私は残りクジを貰うと阿波丸渡船さんの06-4番、大島港で代表者が割り箸クジを引くと3番回りだった。ピストル2人、次は沖ソエ3番4番5番が上がり最後に潜航艇に2人が行った。私は船着きで釣りを開始すると、なんと一発目からアタリがあり、慎重に取り込んだのは31センチの丸々と肥えたグレだった。

 

先端で豊永剛さんが竿を曲げ、私より一回り型の良いグレを取り込んだ。早々に釣れる事は気分も良いが、ただマキエの撒き過ぎでタナが深くなり食いが渋くなる恐れがある為にシャクで2回以上撒かないように皆が協力して狙う。ウキはレギュラー0でスタートしたが、サシエが取られて食いが悪いと判断して、Sタイプ00にしてジンタン6号を打ってウキを沈めて探るとコンスタントにアタリがあり午前10時までに6匹、豊永さんは2匹釣っていたが富永さんは2回バラシたもの最後に価値ある1匹を取り込んだ。

 

 

ウマノセも竿を曲げていた

 

午前10時ころからはグレのアタリも全く無くなり、ウキを沈め、タナを深くしても反応は無かった。どうやら下り潮で水温が低下したのだろうか、それとも小さなポイントに3人のマキエが多く入りの撒き過ぎだったかも知れない。一級磯のピストルや谷も同じ状態だったが、潜航艇の岩浅さんは磯際で竿を良く曲げていたのはさすがである。

 

 

潜航艇で岩浅さんが3位に入賞

 

午後2時15分に納竿して磯を洗って渡船に乗り込むと、潜航艇で岩浅さん12匹、松原さん7匹で良く釣れていた。気になる他の区域の方は磯によって異なるが、象のハナやオハナ磯では沢山のグレが釣れていた。今回も渡船の横取りで順位を決定すると68名がグレを釣っていた。ちなみに私は渡船内では2位、6匹で3620グラム、全体で12位だった。

 

 

優勝した庄野さんの計量

 

 

上位入賞の皆様・おめでとうございます!!

今回はとび賞として「電子レンジ」、「27ℓクーラー」、「20ℓクーラー」も準備していた。ジャンケン大会も「トーナメントの竿」を大貝さんより提供して頂き、大変盛り上がった。樋口さんより今回も「高級日本酒2本」、近藤さんより「お米」、船頭さにより「金一封」、を協賛いただきました。皆様、ご協力本当に有難うございました。こころより感謝致しております。八釣会よりもいろんなものを提供し大盛況の大会となった。上位3名の皆様おめでとうございます。同会の【全国大会】の出場権を獲得され5月開催のトーナメント大会でのご健闘を祈っています。

 

 

成績表(渡船の横取り方式)

 

 

恒例のジャンケン大会

 

 

シイタケが空を飛ぶ

 

 

多くの皆様のご参加誠に有難うございました。そしてお疲れ様でした。

八釣会ブログ一覧へ