PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 日振島の大型グレ釣り!!

ブログ
Blog

日振島の大型グレ釣り!!

31年2月11日、愛媛県宇和島市【よしだ屋渡船さん】に前日の夜9時に徳島を出発すると、桜三里では雪が舞っていたが宇和島市では5時30分まで雨が降っていた。幸いにも身支度する頃は止んで居り、カルチャーの受講生11名とオープン参加者2名で日振島に向かった。

 

朝一は無風でベタ凪、雨は止んでいたが次第に風は強くなり釣りづらい磯もあった。最初は横島の3番に3名と上がったものの、10時過ぎまで満ち込潮で右に速く流れて釣りにならない。中央で竿を出した西さんは何と1投目から強烈なアタリがあり、慎重に浮かしたのは立派なシマアジだった。その後サシエが残っていたのでウキ下を深くして4ヒロ半でアタリがあり、グレが釣れる。

 

富永さんと板東さん・横島の3番で仲良く50㌢を仕留めた

西で狙っていた板東さんは直ぐに水道側に仕掛けが流されて釣りにならず、裏の方に移動してブダイが掛かる。潮が下げ潮に変わり元の位置で沖に流れる潮に乗せて、50センチの大物グレと40センチを取り込んでいた。富永さんは東で午前11時まではアタリが無かったが、沖に流れ出して良型を7連発、そのうち1匹は50センチの大物グレをゲットしていた。

 

村越2番に3名が上がり先端で2人が狙ったが、風で釣りにならず中型グレ3匹、高橋さんはその奥の釣り場でいたが当て潮で厳しく、村越1番に変わり45センチオーバーを仕留めていた。やはり同じ磯に3人だと1人は特に厳しく、早めの判断で磯変わりをする方が良い釣果が出るようだ。

 

10番に3名が上がって居り、先端で狙っていた佐光さんは早々に50センチ級と40センチを3匹釣り、釣り座を譲って裏側に移動してまた3匹を追加していた。先端の右側のサラシ場では北代さんが、40センチまでを3匹取り込んでいたが、下げ潮になりアタリが無くなったようである。少し沖を遠くまで流して貰うといきなり竿が引っ手繰られて、少しずつ寄せて無事取り込んだのは45センチの立派なグレだった。

 

北代さん・最後の一投で45㌢を仕留める

 

 

佐光さん、北代さん・良型グレを掛けた

 

13番ではオープン参加の酒井さんがウキ下竿1本~1本半で50センチ級を頭にクーラー満タンだった。長谷川さんはシブキを被りながら50センチの大物~40センチまでを4匹釣っていたが、下げ潮になり流れが変わって釣れなくなったようだ。半数の方が45センチ以上の方が45センチ~50センチをゲットして居り、日振島のグレ釣りはロマン溢れる釣り場であった。

 

長谷川さん、酒井さん・13番南で50㌢の口太グレを仕留め、50㌢を頭に二人で20匹ほどの釣果だった。

ブログ一覧へ