PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 鳴門・堂の浦のサヨリ釣り!!

ブログ
Blog

鳴門・堂の浦のサヨリ釣り!!

2月21日、宍喰磯へカルチャー釣り講座でグレ釣りに行く予定だったが、水温低下と波が高くて磯釣りを急遽変更し、鳴門の堂の浦でサヨリ釣りをすることにした。釣り場は、周囲が陸で囲まれて居るので波はなかったが北風が吹いていた。当日は大潮で午前8時ころまで上げ潮が東に流れて、其の後は下げ潮が西へと変わる。

 

1号カセのヘサキに清部さん、トモに北代さんが釣り座を構えて釣りの支度をしている間に私は2人のマキエを作る。まずタライに赤アミを入れて海水を入れ、ヌカを混ぜてシャブシャブにしてマキエをする。磯竿にリールをセットして0,8号を6メートル程結び、飛ばしウキとアタリウキを付け、ハリはサヨリ4号に沖アミを付けて狙う。

 

 

清部さん・これを皮切りにして10匹を掛けた

 

しばらくは流れが速くて釣りにならなかったが、潮が少し緩んだときに清部さんが良型の33センチのサヨリを掛けた。「さあ~・ジアイ到来!!」と集中してウキを見つめていると、ススーッとウキが沈み2匹目が釣れる。3匹目は一回り大きな35センチを引き抜いた直後、北代さんも同型を取り込んだ。群れが集まってくれば同時にヒットするが、居なくなればサシエは全く取られず、ひたすらマキエをしながら10匹と8匹釣れた。

 

 

北代さん・当日の大物となった37㌢

 

私は6号カセに移動すると、2人とも何のアタリも無いらしい。佐光さんのウキ下を1ヒロ半に変えてマキエと同調しながら流して貰うと、始めてのアタリが出て30センチのサヨリが釣れた。大村さんもすぐにアタリが出て、35センチを2匹、佐光さんも良型揃いを6匹追加された。当日は大潮で流れが速くて釣りづらかったが、殆どが30センチ~35センチの立派なサヨリで高級魚である。

 

 

 

佐光さん、大村さん・良型をゲットした

2月23日は風が7メートル前後と強かったが、私も美味しいサヨリが食べたくて再度、堂の浦【細川渡船さん】に出掛けた。1号カセに乗ると流れが速く、北北西が強くて波立ちまた、逆光でウキは少し流れると見えず厳しかった。遠く流して仕掛けを回収していたら竿は重く、運良くサヨリが掛かっていた。

 

 

一号カセよりの景色

 

潮が緩んだ午前11時頃にようやく2匹目が釣れ、少しの間にバタバタと35センチまでが入れ食いになる。手返しで数を釣ろうと思った矢先に道糸が絡み、直した時にはサヨリのアタリは無くなっていた。下げ潮が速くなりポイントが遠く、またまた逆光でウキは見づらく、状況の悪い中14匹の釣果に終わった。

 

 

強風の中仕留めた私の釣果

 

 

 

ブログ一覧へ