PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 阿南市橘湾のチヌ釣り!!

ブログ
Blog

阿南市橘湾のチヌ釣り!!

4月19日、徳島県阿南市橘湾へ【徳島新聞・阿波の釣り美学】の取材でチヌ釣りに出掛けた。天気は良く風も強くなく絶好のコンディションではあったが、朝は満潮で大潮、そしてウネリもあり上がれる磯は限られた。今回は元カルチャーの北代さん、住吉さんも同行され大物チヌ釣りを楽しんだ。

 

2人は裸島に、私は中オチ磯に1人で上がると南側は浅いので北を向いて竿を出す。潮はすでに下げ潮となり手前に潮は流れるが、ウネリでサラシが大きく前に押し出されていた。タナプロ4Bにツーシンカー2Bをセットして、ザイト磯フロロ1,5号、速手グレ6号の竿1本半で開始する。

 

 

緊張の一瞬。

 

 

無事に取り込む。

 

周囲に小さな磯が点在する。

サラシに乗せて仕掛けを流していたが、ウネリの強さでサラシに強弱がありマキエの撒き方でポイントが移動する。マキエの撒き方に注意しながら狙っていると、タナプロがゆっくりと沈みアタリをキャッチする。穂先から手元に重量感が伝わり嬉しい引きを楽しみながら、浮かしたのは40センチ級のチヌだった。

 

 

西オチで大物が掛かった。

 

 

銀鱗鮮やか、精悍な魚体。

 

3匹目は一段と強烈なアタリがあり何度も1,25号の竿を大きく曲げ、慎重に対処してタモで掬うと重量感のある50センチ級のチヌで満足のいく1匹だった。数匹を追加した時点で、当て潮にすぐに仕掛けが押し戻され釣りにならなくなり西オチに磯変わりをするが、やはりこちらも満ち込潮にならないと反応はなかった。

 

午後1時前から満ち込が動き出し、北側に流れ出して釣れそうな予感が漂って来た。グレ釣りもチヌ釣りもやはり潮次第である。しばらくアタリが無かったものの久しぶりにウキが消し込まれた。これは引きが強く今日一番のアタリと直感しながら、50センチオーバーかと思いながら取り込むが45センチの元気なチヌだった。

 

午後2時まで竿を振ったものの、当日上がった磯は潮回りはよくなかったが、橘湾のチヌの魚影は非常に濃く合計8匹のチヌが釣れた。住吉さんは4匹、北代さんは裸磯で2匹と東オチで47センチを頭に5匹を追加していた。しばらくはエサ取りも少なく、連休は大物チヌに出会え楽しめそうである。

 

 

皆に釣果があった。

 

 

 

 

ブログ一覧へ