PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 連休の釣り!

ブログ
Blog

連休の釣り!

平成最後の日曜日4月28日、徳島県鳴門市堂の浦で【徳島つろう会・サヨリ釣り大会】を行い10名が参加する。クジを引きそれぞれのカセでサヨリの総重量で競った。私は8号カセに槙野さんと釣る事になり、早朝はマダイ仕掛けを作って流していると、早々に道糸がパラパラと出て行く。ロープに注意しながら取り込んだのは38センチのマダイだった。

 

まだまだ期待は出来そうだが、槙野さんがサヨリを掛けていたので私もサヨリ仕掛けに交換して狙うと25センチ~32センチが入れ食いになる。今日はこのサイズが多いものの、中には35センチを超す大物も交じるので夢中になって狙った。午後1時ころから込み潮になるとアジが廻って来てサヨリは余り釣れず、午後2時30分で終了した。数えると116匹でトップ、2位は白井さん34匹、3位は松田さん28匹、槙野さんは30匹で4位だった。

 

 

お世話になった細川渡船さん。

 

 

私の釣果。

 

令和元年5月3日、元カルチャー&八釣会TRのメンバー20名が、牟岐大島でグレ、イサギ、イシダイなどを狙った。海漁丸に12名が乗り磯クジは7番で金輪、ダルマ、沖富士と良いと思われる磯から順番に上がって行き私は川村磯だった。イサギ狙いの仕掛けで遠投すると潮は安定せず、ウキは手前に戻されて流れは良くない。

 

 

有名磯のヤカタを望む。

 

 

ジョーギの磯。

 

見回り船で何処か空いている磯はないかと聞くと、マナイタの地が空いており上がった。しばらくイサギを狙っていたが、たまにサシエは無くなるもののアタリはない。ウキを00に変えて近場を探ってみると、イズスミの大型が大量に居り、喰って来ても瞬時ハリスは切られる。今度の引きは異なり重量感が伝わってグレと直感し、慎重に取り込んだのは38センチに思わずにっこりする。

 

 

私の釣果。

まだ釣れるだろうとタナを深く底を探ってみると、ハリスが何度も切られて正体は確認出来ない。ハリスを1,5号に変えて底で食って来たのはグレの引きとは異なり、浮いて来たのはサンノジの40センチである。次はカワハギ、木っ葉グレで良型が釣れず、再びイサギ狙いで竿1本半~2本半で狙ったが、イサギのアタリは一切なかった。

 

審査はイサギ、グレ、アイゴ、イシダイ、マダイの重量で競った。優勝はナデ磯で釣った板東さん、Bのウキでハリス1,75号、ウキ下深くして53センチのイシダイを頭に3匹4,4キログラム。2位はダルマで清部さんが50センチ2キロオーバーを仕留めていた。3位は一番で佐光さんがグレ37センチ前後を2匹。4位は私でグレ1匹、5位はヒッツキで佐々木さんがグレ1匹、大村さんもグレ1匹。金輪では住吉さんがイサギを2匹、33センチと28センチを各1匹。バラシは多々あったものの、全般的に食いは渋かったようである。

 

 

板東さん・見事なイシダイをゲット!

ブログ一覧へ