PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 牟岐・大島のイサギ・グレ釣り!!

ブログ
Blog

牟岐・大島のイサギ・グレ釣り!!

令和元年5月12日、徳島県南牟岐大島へ徳島つろう会12名と元カルチャーと八釣会TRのメンバー11名でイサギ、グレなどの大会を行った。私は両方の大会に参加するが、つろう会はイサギが優先だったのでイサギをメインに狙う事にした。さて、大島のクジは9番回りのオシドリ、ジョウギ、ウマノセに上がって行き、私は磯釣り初心者の松下さんのサポーターとして足場の良いマナイタ磯に上がった。

 

イサギは遠投で深いタナを釣るのが基本であり、タナプロ5Bにツーシンカー2Bにするとタナプロがぽっかり浮いて遠くでもよく視認できた。ハリスは1,25号~1,5号を3ヒロ取り、ハリは身軽グレ5号を結び竿1本半でスタートする。サラシが道糸を引っ張りツーシンカーが斜めに浮いて仕掛けの馴染みが悪かったのでハリスに4号のオモリを打つと良くなった。

 

 

マナイタの地でもイサギが釣れていた。

 

マナイタは低い磯でありハリスを長く取っていた為に、松下さんはハリスが貝に掛かり仕掛け交換が多発していた。しばらくは説明しながら仕掛け作りを手伝っていたが、出来るだけ自分で作って貰っていると一人でも出来る様に上達してきた。

 

海藻が流れて来て釣りにならない時間帯もあったが、25センチまでのイサギはコンスタントにアタリがあったものの、松下さんは釣れているポイントまでウキが飛ばない。それでもウキは何度も消し込まれ、合わせのタイミングや竿を起てる事が出来ない大物も掛かっていた。

 

潮が右に動き出した時にジアイがあり、私が仕掛けを投げて竿を渡すとウキが沈み慌てて竿を起ててリールを撒いていた。25センチ弱のイサギを数匹と、タカベが釣れると今晩のおかずになると喜んでいた。磯際では大きなイズスミが居り、たまに小さなグレも釣れたが大きい魚には全部切られた。

 

 

戦い終えて・お疲れ様でした!

 

 

私の釣果。

 

徳島つろう会の大会は、イサギ優先、連盟の6魚種で競った。三角で富永さんが良型イサギを頭に3匹、905グラムで優勝。私は計量サイズ23センチ以上は4匹、640グラムで2位、3位は松田さん2匹355グラム。4位はグレ3240グラムの小泉会長、5位は堀田さんのグレ3匹2305グラム。

 

富永憲勝さん・良型イサギ3匹でつろう会優勝おめでとうございます!

 

元カルチャー&八釣会TRでは6魚種の大物で競った。優勝は富永さんオシドリでグレの38、5センチ頭にグレ3匹とアイゴで優勝、2位か岩脇さんグレ37,5センチとイサギ35センチ、竹内さんはグレ37センチを頭にグレ3匹だった。何と小さなイサギ全てが卵や白子を持って居り、脂が乗り美味し時期になっている。ようやくイサギもあちらこちらで釣れ出して居り、グレも日増しに食いは上向いているようである。

 

 

富永朗仁さん・八釣会TRでグレ3匹とアイゴで優勝おめでとうございます!

 

 

岩脇さん・八釣会TRで準優勝おめでとうございます。イサギの35㌢も仕留めた。

 

 

竹内さん・グレ3匹で第3位入賞おめでとうございます!

 

 

ブログ一覧へ