PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 伊島でのグレ釣り!!

ブログ
Blog

伊島でのグレ釣り!!

令和元年6月2日、徳島県阿南市伊島に8名で磯釣りに出掛けた。曇天だが夜明けは随分早くなっており午前4時30分に14名が乗込み出船した。

天気予報は、午前中は波も風もなく穏やかな状況だが、昼前から南風がやや強い雨模様である。最近の予報は当たる確率が高く、はずれる事を期待していたが残念ながらズバリ的中し昼前に撤収となった。

 

マルバエ西・午前中はベタ凪だった。

 

私はクジの順番でジドウバエに住吉さんと上がり、左側を釣り座に構えてスタートする。マキエを2回程撒いて0ウキでハリス1,5号、3ヒロで流していると、何といきなりウキがゆっくり沈み魚のアタリをキャッチする。重量感でトーナメント1,25号の竿を曲げ、何度も底に突っ込んでくれたのは30㌢オーバーの良く肥えたグレだった。

 

1投目から竿を曲げてくれたグレ。

 

アタリがあればマキエが効いている証拠なので、次からは1杯だけ撒いて狙うと連発でヒットする。それも3連発で35㌢までが釣れるとは、想定外の爆釣に満足をする。しかし、フカセ釣りは、美味しいマキエに本命以外も集まって来て、アアリも終わりサシエは無くなっていた。ウキ下を浅くするか、仕掛けを沖に入れるか作戦を変更しなくてはならない。

 

住吉さん・30㌢級を掛けた。

 

5メートル沖を探るとエサ取りが居らず、サシエが残りタナを深くすると20㌢前後のマダイが入れ食いになる。沖にもマキエを打ち仕掛けを同調さすとグレが釣れるが、イサギが釣れないかと竿1本で流すと23㌢が喰って来る。

 

ウキを1号に交換して竿1本半でイサギを本格的に狙えば、高確率で20~28㌢が豪快にウキを沈めた。今度はグレの重い引きが手元に伝わり30㌢オーバーが釣れる。遠投の深いタナで釣れる事は珍しいが、本日2匹釣れた後に豪快なアタリがあり大型サンノジだろうと想像しながら、魚の姿を見たく慎重にやり取りを繰り返して取り込んだのは45㌢の立派なグレに心が弾んだ。

 

遠投の深いタナで45㌢オーバーのグレ。

 

わたしの釣果。

 

午前11時過ぎに嫌な南の風が吹き始めると、今までベタ凪だった海面がザワザワして来た。雨雲も動きが早くなって風が強くなり、早めの納竿になるだろうと思っていた矢先に、船頭さんからの撤収の連絡が入った。釣りは安全第一であり後ろ髪引かれる思いで磯を後にした。

 

同行の皆さんもグレ、イサギはボチボチ釣れていたが、斉藤さんのグレ37㌢が大きい方だった。アイゴは30~38㌢を数名の人が釣って居り、魚種の分からない大物をバラシた人も居た。梅雨グレシーズンに入ればグレの引きも大きくなり醍醐味を楽しめる。

 

早めの撤収・勝丸渡船さんお世話になりました。

ブログ一覧へ