PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 伊島の夕釣り!!

ブログ
Blog

伊島の夕釣り!!

HP令和元年6月6日、徳島県阿南市伊島へ元カルチャー16名で磯釣りに出掛けた。朝遅目に出発して、午前10時~夕マズメの午後7時まで狙った。この時間帯には、すでに良さそうな磯は午後2時まで釣る方が居り、空いている磯に順番に上がって行き私は松田さんと俵バエに上がった。この周辺は風も波も無くベタ凪で磯際にはオセンが多く、沖にはウマズラハギが乱舞していた。

 

オセンの少し沖を狙っていると30センチ級のグレがすぐに釣れたが、後が続かずオモリを1号にして磯際を探るとガシラが入れ掛かりである。唐揚げ用に15匹程掛けていると、松田さんは同型のグレを3連発で取り込んでいた。おかずも十分釣れたところでウキをSタイプの0にチェンジ、ハリスもザイト1,25号、ハリは速手グレ4号で狙うとグレ、ウマズラハギが2匹ずつ掛かる。

 

松田さん・俵の沖向きで十数匹グレを掛けていた。

 

松田さん・良型を取り込む。

 

午後から干潮になり風も右から吹き出すと釣れなくなり、磯変わりしたいと思っていた矢先に大きなアタリが出て仕掛けを変えてすぐに船頭さんが見回りに来た。迷ったがこの磯で頑張ろうと再び大物を期待していたものの、午後5時まで全く引きに合わず磯変わりのチャンスを逃したと後悔をする。

 

ところが、込潮とともに海もザワザワして夕マズメに状況は好転して来た。沖を狙う為にウキを【SR0 よわめ】に交換して狙うと、30センチ~35センチと一回り良型のグレが食い出し、その次にヒットしたが強烈に竿を締め込まれ底根でハリスを切られてしまった。

 

ハリス1,5号、ハリを5号にしても食いは良く、次のアタリは重量感で竿を大きく曲げ大物の予感である。仕掛けを太くしていたので安心感で強引なやり取りを繰り返しタモの入ったのは40センチオーバーのグレだった。イサギも釣れ夕マズメの釣りは暑くも寒くもなく快適なフカセ釣りができる。

 

 

私の釣果。

 

桶オチでは佐光さんが30センチ級のイサギ十数匹、グレ3匹、それに何と65センチの大物マダイもゲットしていた。オンビキでは竹内さんが何発も切られていたが44センチの大物賞のグレを頭に42センチのグレも釣っていた。西永オチでも西岡さんは43センチのグレ頭にイサギも含めクーラー満タンだった。

 

 

佐光さん・良型イサギを掛けた。

 

 

佐光さん・見事な真鯛

磯によって風や潮流、エサ取りの状況などでムラがあるが、釣れない時はポイントが違っているので、マキエワークとウキを入れる位置、流し方、タナは特に重要である。ハリスやハリ、ガン玉は小さくするほど食いは良くなる。ウキはポイントまで投入できるのならSかSR、タナが2ヒロ位までならガン玉は6号以下、浮力は0か00を選び。二枚潮や仕掛けが安定しない場合はタナプロセット2B以下で狙うのが私の標準仕掛けである。上達の近道はまずは食わす事であり、同じ仕掛けと同じ釣り方を真似る事が釣果アップになるだろう。

ブログ一覧へ