PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

PRO YAMAMOTO_株式会社山元工房

TOP > ブログ一覧 > 初級・中級者アユ釣り講座のサポート&小学生アユの掴み取り大会in勝浦川!!

ブログ
Blog

初級・中級者アユ釣り講座のサポート&小学生アユの掴み取り大会in勝浦川!!

7月28日、徳島新聞カルチャーセンター【山元隆史の初級・中級者アユ釣り講座】が行われているが、まだ一度も参加が出来ていなかった2名に勝浦川下流の野上に来て貰った。私はサポーターとして釣り場を確保した後、ウェーダー、竿、曳船、ベルト、タモを手渡し仕掛けなどの重要点を説明しながら友釣りを開始する。

 

もう一人の方は隆史さんが指導をして竿を出していた。開始間もなく“釣れました!!”と歓声が上がり、竿を引き寄せ曲げてタモで無事キャッチが出来た。2匹目も早々に取り込んで上々のスタートを切っていたが、私の方はオトリが動かず苦戦を強いられていた。最後の手段と流れの早い瀬でオモリを打ち狙ったが全くアタリはない。

 

立ち込んで釣り場を混ぜていたので、もう一人の方の下に入り、沖を泳がせた時にガッーン!と手にアタリが出た。無事取り込んだが何と肝掛かりの即死でオトリにならず、“もう一度掛けて来てくれ”とオトリアユに頼みながら送り出した。今度は背掛かりで17センチ程の真黄色の綺麗なのが釣れ、貴重なオトリを確保できた。

 

当日の午前9時45分から野上橋河川で小松島市と勝浦漁業組合主催の【小学生アユの掴み取り大会】のイベントがあった。囲いをしているプールに2500匹を2回に分けての掴み取りに小学生は大はしゃぎしてアユを追っていたが、なかなか取れない子供さんも多く居たが、上から水が流れ込んでくる側にアユが逃げて集まり、座って両手で捕まえている子が沢山ゲットしていた。

 

 

恒例になった小松島市と勝浦漁業組合主催の【小学生アユの掴み取り大会】

 

其の後、4年生~6年生の友釣り体験者を募集して10名の子供さんの講師役に佐野順二さん、阿部司さん、山元隆史さんと私の4人が竿を出し順番に釣って貰おうとサポートをさせて貰った。例年に比べ今年は悪いと思っていたが、梅雨も明け水位も下がりアユもチラチラと見える様になる。

 

 

 

野上橋の河原では、かき氷が提供された。

 

上の速い瀬でいきなりアユが掛かり強引に引き抜き、ライナーで2匹が飛んできたので私がタモで受けたが受け損ないで逃げられた。次は20センチ以上の良型だったが、強引に抜いたのが悪く身切れで取れなった。下流では一人の女の子が3匹のアユを掛け、僕は釣れないとしょんぼりしていたが、“釣りは辛抱が大事”と言っていると、22センチの大きなアユを取り込み歓声が上がった。

 

 

 

大きなアユを掛けて大喜び。

 

1時間足らずの短い体験だったが、全員で12匹も釣り上げ上機嫌で帰路に着く子や、釣ることが叶わず悔しい思いをした子もいたが、初めてのアユ釣り体験も無事終了となる。大人になった時に、今日のアユ釣りの楽しさを思い出し友釣りを始めて貰えたら嬉しい限りである。

 

 

ブログ一覧へ